ア クセス・お問い合わせ /  

佐賀大学 農学部 食資源環境科学コース 生産環境化学分野 環境分析化学研究室(上野研)

研究テーマ

におい(匂い・臭い)」の化学分析

農業生産環境に貢献!

 

研究室紹介動画(実験の様子)
→動画編集が得意な学生が作ってくれました。先輩に教わりながら実験を進めている様子が伝わればと思います。

By さかもとP

 

本研究室では、「環境中の化学物質をはかる技術(環境分析化学)を応用し、社会に貢献すること」を目指しています。

いくつかの研究テーマを紹介します。

佐賀大学農学部上野大介佐賀大学農学部上野大介

大気環境中の化学物質である「におい(匂い・臭い)」の化学的・官能的な分析技術を活用した農業生産に関する問題解決に関する研究

「におい」(匂い・臭い・香り)とは、大気環境中の揮発性物質(VOCs)に対するヒトの反応のひとつといえます。環境中の化学物質をはかる技術を応用し、数10~100物質の混合物であるにおい物質を分離・同定していきます。

一方で、匂いはヒトの感覚であり、化学分析だけでは判別することができません。またヒトの嗅覚は生理活性物質に対してとても敏感であるため、分析機器(ガスクロマトグラフィーなど)だけでは感度的に検出できないことが多くあります。本研究では、ガスクロマトグラフィーに「におい嗅ぎシステム(GC-O)」および「分取濃縮装置」などを装着し、また各種データベース分析の技術を活用することで、「化学分析の技術」と「ヒトの感覚」を融合させたにおい物質の解析に取り組みます。

佐賀大学農学部上野大介佐賀大学農学部上野大介

 

--------研究テーマの例---------------

・「におい」を指標とした生産管理の簡便化に関する研究

「におい」は作物の状態を表しています。たとえば果物が熟してくると甘い匂いがしてくるように、多くの作物も匂いで食べごろがわかります。熟度だけでなく、匂いで作物の病気や、害虫による被害状況を知ることもできます。このことは、作物の匂いを特定し、その匂いと作物の状態を関連付けることができれば、「匂いを指標とした生産管理」が可能となります。これまでは農業者の熟練によって判定されていたことが、匂いによってより容易に簡便に判定することができます。

佐賀大学 農学部 環境 上野 佐賀大学農学部上野大介

しかし匂いはヒトの感覚であり、化学分析だけでは判別することができません。またヒトの嗅覚は生理活性物質に対してとても敏感であるため、分析機器(ガスクロマトグラフィーなど)だけでは検出できないことが多くあります。本研究では、ガスクロマトグラフィーに「におい嗅ぎシステム(GC-O)」を装着し、また各種データベース分析の技術を活用することで、「化学分析の技術」と「ヒトの感覚」を融合させたにおい物質の解析に取り組みます。

佐賀大学農学部上野大介

佐賀大学農学部上野大介

・農業生産環境における「悪臭・異臭問題」の解決に関する研究

食品中の異臭の特定、生産現場(畜舎など)の悪臭の原因解明と改善法の提案、悪臭と家畜ストレスの関係解明などについて調査研究を進めています。

佐賀大学 農学部 環境 上野

佐賀大学農学部上野大介佐賀大学農学部上野大介

佐賀大学農学部上野大介

   

------------------

国立大学法人(九州地区)
佐賀大学 農学部 食資源環境科学コース (大学院 農学研究科)
生産環境化学分野 環境分析化学研究室
上野大介

〒840-8502 佐賀市本庄町1番地(本庄キャンパス)
電話:0952-28-8713(農学部総務係)

All Rights Reserved. COPYRIGHT (C) 2008, Saga University