アクセス・お問い合わせ / サイトマップ / 

環境分析化学研究室(上野研)

担当講義-2(実験続き→その他)

佐賀大学 農学部 上野大介 環境 保全 生物 実験 水質 分析 汚染

河川水や飲料水中の硝酸を測定します。硝酸は農業・畜産排水や家庭排水に多く含まれ、環境中に過剰に流入するとアオコや赤潮発生の要因となります。また飲料水や野菜などからの過剰摂取による健康障害の可能性も報告されています。硝酸は液体クロマトグラフィー(HPLC)を用いて測定します。

 

佐賀大学 農学部 環境 保全 生物 実験 水質 分析 汚染 上野大介

河川水中の農薬の測定法を学びます。水中の農薬濃度は低いので固相カートリッジを使って濃縮・抽出し、ガスクロマトグラフィー質量分析計(GC-MS)で測定します。GC-MSに水分は大敵ですので、脱水の行程にひと工夫が必要です。

 

佐賀大学 農学部 環境 保全 生物 実験 水質 分析 汚染 上野大介

河川中の陰イオン界面活性剤(洗剤成分)を測定します。近年日本で使用されている洗剤成分は過去に使われたものと比べ環境中での分解は早いのですが、佐賀市は下水道普及率が低いので他県と比べ河川中濃度が高めに出る傾向があります。洗剤成分はHPLCで測定します。

 

佐賀大学 農学部 環境 保全 生物 実験 水質 分析 汚染 上野大介

イオン化し易い物質や揮発性の低い物質(硝酸や洗剤成分など)は、液体クロマトグラフィー(HPLC)で測定します。硝酸は電気伝導度検出器を、洗剤成分は蛍光検出器を利用します。

 

佐賀大学 農学部 環境 保全 生物 実験 水質 分析 汚染 上野大介

本実験で測定する農薬類は比較的揮発性が高いので、ガスクロマトグラフィー質量分析計(GC-MS)を用いて測定します。マスフラグメントを利用した農薬の同定法や定量法を学びます。

 

佐賀大学 農学部 環境 保全 生物 実験 水質 分析 汚染 上野大介

実験結果はレポートにまとめ、次週までに提出します。実験結果を「科学レポート作成マニュアル」に従ってまとめていくことで、科学的文書の作成法を学びます。基礎をしっかりと身につけておかないと、4年生で卒業論文を書く時に困りますよ。
「やばい、間に合わないよ~!」。

 

その他の担当科目

実験

-実験生物環境保全学(→シラバス

-実験生物環境学(→シラバス

 

講義

-環境化学(→シラバス

-環境分析化学(→シラバス

-ヒトと環境の生物学(→シラバス

-身近な環境-調べよう・深めよう・伝えよう-(→シラバス

     →実習風景の紹介
→一般公開名「環境フォーラム」:佐賀市ホームページでの紹介
一般参加のご案内

 

次のページ(リンク)

このページのトップ

前のページ(担当科目の紹介-1)

------------------

国立大学法人(九州地区) 
佐賀大学 農学部 生物環境科学科 (佐賀大学 大学院 農学研究科)
生物環境保全学コース 生物環境学分野 環境分析化学研究室
上野大介

〒840-8502 佐賀市本庄町1番地(本庄キャンパス)
電話:0952-28-8713(農学部総務係)

All Rights Reserved. COPYRIGHT (C) 2008, Saga University