アクセス・お問い合わせ / サイトマップ / 

環境分析化学研究室(上野研)

研究現場の紹介-4(化学物質の分析)

現場で採取してきた環境試料を、化学分析に供試します。
分析のやり方や分析器機の操作などは、教員や先輩と一緒に少しずつ練習していきます。

佐賀大学 農学部 環境 汚染 分析 調査 上野大介

 採取してきた環境試料中にふくまれる人工化学物質を化学分析により定量します。環境汚染対策の基本は化学物質を「はかる」ことだと考えています。環境中の化学物質を「はかる」ことができてはじめて汚染現状が把握でき、対策を考案できるからです(注:公的機関の性質上、個人的依頼には対応いたしかねます)。

 

4-1. 抽出

佐賀大学 農学部 環境 汚染 分析 調査 上野大介

試料中の人工化学物質を、有機溶媒などで抽出します。さまざまな試薬を添加します。

 

佐賀大学 農学部 環境 汚染 分析 調査 上野大介

水試料の場合は固相抽出法を利用します。

 

佐賀大学 農学部 環境 汚染 分析 調査 上野大介

魚類や母乳などの生物試料はソックスレー抽出器(生物組織から粗脂肪を抽出する器具)を使います。

このページのトップ

 

4-2. 精製

抽出液中に含まれる不純物(目的化学物質以外のもの)を取り除きます。

佐賀大学 農学部 環境 汚染 分析 調査 上野大介

佐賀大学 農学部 環境 汚染 分析 調査 上野大介

シリカゲルカラムやゲルカラムなど、さまざまな技術をもちいて環境試料を精製していきます。

このページのトップ

 

4-3. 機器分析

抽出~精製した環境試料をさまざまな分析機器にかけ、人工化学物質の種類や濃度を測定します。

佐賀大学 環境 汚染 分析 ガスクロマトグラフィー 質量分析計 GCMS アジレント Agilent 上野大介

ガスクロマトグラフィー質量分析計(GC/MS)では揮発性の高い有機化学物質を測定します。

 

佐賀大学 環境 汚染 分析 HPLC アジレント Agilent 上野大介

高速液体クロマトグラフィー(HPLC)では揮発性の低い物質やイオン化しやすい物質、熱分解されやすい物質を測定します。

次のページ(日々の活動報告)

このページのトップ

前のページ(研究現場の紹介-3)

------------------

国立大学法人(九州地区) 
佐賀大学 農学部 生物環境科学科 (佐賀大学 大学院 農学研究科)
生物環境保全学コース 生物環境学分野 環境分析化学研究室
上野大介

〒840-8502 佐賀市本庄町1番地(本庄キャンパス)
電話:0952-28-8713(農学部総務係)

All Rights Reserved. COPYRIGHT (C) 2008, Saga University